2020/04/01

三河青い鳥医療療育センターについて
三河青い鳥医療療育センターについて

センター長ごあいさつ

センター長 則竹 耕治
センター長 則竹 耕治

令和2年4月からセンター長に就任しました。
現在、療養介護事業所として重症心身障がいの成人の方が、70名ほど入所されています。本年度において、重症心身障がいのこどもの入所病棟を開き、医療的ケアなど開始する計画です。これにより、医療型障害児入所施設(定員70名)、療養介護事業所(定員70名)の体制ができあがることになります。
第二青い鳥学園の時には、小児のみしか入院治療(手術など)できませんでしたが、当センターでは成人の方の入院手術も始めました。また、リハビリテーションについては、早期からの痙縮に対する幼児の理学療法、種々の神経・筋疾患に対する小児の各種リハビリテーション、他施設で行われた手術後のリハビリテーションなどの種々のリハビリ目的の入院も可能となっております。
社会福祉法人恩賜財団、済生会の施設として、「困っている人に手を差し伸べる」という気持ちを忘れず地域の医療、福祉に貢献していきたいと考えています。

ホームへ先頭へ前へ戻る