2014/10/07

当センターの方針

青い鳥3つの柱

利用者の生命と健康を支え、生活の質を高めます。

愛知県青い鳥医療福祉センターでは、ヒヤリハット報告、自己点検、第三者評価を取り入れています。これらに基づいてマニュアルを作成、その内容の順守・徹底を行います。
これらを経ることによってサービスの向上につながり、安全・安心なサービスを提供することができます。また、利用者様からのご意見や苦情に耳を傾け、センターとして対策を講じ真摯に対応します。

地域で暮らす障がい者の療育と生活の支援をはかります。

当センターでは、ショートステイの受け入れ、医療型障害児入所施設・医療型児童発達支援センター、地域療育支援事業を行っており、地域の各機関や他施設と連携して、地域の課題に積極的に取り組んでいきます。
上記の他、ボランティアの受入れを行っており、研修を通じて地域福祉のレベル向上に努めています。
また、センターを開放し地域の皆様とのふれあいを目的に夏祭りを開催しています。

そのための研鑚に、私たちはつとめます。

当センターでは、職員研修体制を確立しており、職員のレベルに応じた研修内容を整え、定期的に開催しています。また、外部研修にも積極的に職員を派遣していたり、センター内で研究発表を行い、サービス向上に向けて職員が自己研鑽を行っています。

ホームへ先頭へ前へ戻る