2015/12/1

作業療法
作業療法

作業療法

Occupational Therapy

作業療法(OT)とは?

作業とは
人が人として生きていくのに必要なあらゆる活動(例:日常生活活動、遊び、コミュニケーション、学業、労働、趣味、創造活動、休息など)を指します。

作業療法室
作業療法室
作業療法室
作業療法室

対象

発達時期に障害を受け、生活のしにくさを抱えている方々(赤ちゃんから高齢者まで)を対象にします。

目的

遊び、日常生活動作、学習、コミュニケーション、仕事、余暇活動、休息といった日常の生活行為が上手く行えることを目的にします。

具体的な支援内容

各ライフステージに合った作業療法の展開を目指します。
そして、以下の3点に着目して支援を行います。

(1)お子さん自身に対する支援
・寝返り、座位姿勢など粗大的な運動機能の発達を促します
・自転車や縄跳びなどの応用的な運動機能の発達を促します
・握る、つまむなどの手先の巧妙な運動機能の発達を促します
・ハサミや鉛筆などの物品操作機能の発達を促します
・摂食嚥下機能の発達を促します
・感覚の過敏さや鈍感さを軽減し、感覚の処理能力の発達を促します
・注意力や記憶力などの認知機能の発達を促します
・食事動作、更衣動作、排泄動作などの日常生活動作の発達を促します
・読み、書き、計算などの学習基礎能力の発達を促します
・ルールや順番などの心理社会性の発達を促します
・コミュニケーション能力の発達を促します

(2)物理的な環境への支援
さまざまな環境からの刺激を整理することや、道具を工夫することで、お子さんの遊びや学習などを支援します

(3)人的な環境への支援
周囲の人の言葉かけの方法や接し方などを工夫することで、お子さんが過ごしやすくなるように支援します

実施方法の概要

入所部門、外来部門、発達支援センター部門の3部門へ支援を行います。1回の作業療法は原則40分で、完全予約制です。また、必要に応じて地域(保育園・幼稚園・学校など)との連携を実施していきます。

ホームへ先頭へ前へ戻る