2015/12/01

理学療法
理学療法

理学療法

Physical Therapy

理学療法(PT)とは?

何らかの原因により、寝返り、おすわり、立位、歩行といった粗大運動の発達が遅れているお子さまに対し、それらの運動を獲得できるように支援します。上田法や一般的発達促進訓練を実施します。また、姿勢や呼吸に問題を抱えるお子さまに対しては、それらの機能改善を目指すのに加え、安楽に生活できるようなポジショニングやリラクセーションの指導、および装具・補助具の提案なども行います。

<上田法>
当センターでは、0歳のお子さまから18歳を過ぎた方でも継続的に理学療法を実施しています。患者さま一人ひとりに合わせた理学療法プログラムを考え、ご家庭でも実践していただきながら、お子さまの発達を支援します。理学療法の最大の目的は、ご本人及びご家族のQOL(Quality of Life:生活の質)を向上させることです。

家庭でのプログラムにより、ご本人やご家族の負担が増しQOLが低下してしまわないよう、無理のないプログラムを提案するように努めます。

運動療法室
運動療法室
運動療法室
運動療法室

実施内容

外来理学療法

・外来理学療法は、完全予約制となっております。
・一回の理学療法は、原則40分です。
・理学療法の頻度は、お子さまの状態によって異なります。

入所理学療法

・整形外科的手術後のお子さまや、集中的に介入することで機能の改善が見込まれるお子さまに対しては、病棟へ単独入所していただき集中的理学療法を行います。

母子入所に対する理学療法

・お子さまとのかかわりを集中的に学んでいただくために、母親(もしくは祖母)とお子さまが一緒に親子棟へ入所していただき、集中的理学療法を行います。

通園理学療法

・当センターの医療型児童発達支援センターを利用されているお子さまに対しては、週に1回理学療法を実施しています。遊び(主活動など)を通じて、姿勢保持や動作の学習を支援します。
・また、活動に参加しやすいような環境を調整します。

地域との連携

・一部の特別支援学校とは、「連絡ノート」を用いたり、「合同カンファレンス」を行うなどして、家庭・学校・医療間で、お子さまの情報共有を試みています。

研究活動

・わたしたちは、漫然としたリハビリを行うのではなく、日々の臨床の疑問を解決すべく、臨床研究にも力を入れています。

ホームへ先頭へ前へ戻る